ページ

カリタス学園小学児童殺傷事件の真相?









カリタス学園小学児童大量殺傷事件の真相を推理する





  • 犯人の男は自殺。
  • 被害者はカリタスの小学女児。


犯人は同じ年齢の女の子供がいるだろう。もしくは身内に何らかのかかわりを持つ人が居る。しかし、殺意と自死とセットになるのは、自分の子供以外は考えにくい。

自分の長女にカリタスを受験させたか、受験をギブアップさせたか、結局入学には至らなかった。今年か、去年か、一昨年か。


受験をギブアップした理由、受験を失敗した理由、その中で学校に恨みを抱いたか


合格した子供に自分か自分の子供が何かを言われて、学校より子供の方が恨みの対象になったか。

5月と言う時期は毎年のように、受験に関連した非情な事件が起きる季節だ。直前の受験もあれば、10年20年経過してから事件化することもあるのだ。人生の失敗の原因を受験に求めたのだろう。


無差別殺人事件ではない。

只の通り魔 ではない。

大人に切りかかったのは目的の邪魔をするからだ。 テレビの馬鹿解説はいい加減にしろよ。そうだよ、玉川の言うとおり。しかし、テレ朝が引っ張り出す解説者・コメンテーターはレベルが低すぎる。




犯人の子供(女子)に何か事件が起きたのかも知れない。不登校、自殺未遂、家出、反抗、引きこもり、。明るく元気で通学しているなら、犯人は問題を持たない。

犯人の妻はどうだろう。失敗感を持ったかもしれない。妻は正常心を失っていたか。家庭不和か。なんであれ原因はカリタスの理由不明な不合格通知だったろう。追い打ちをかけるように、友人(幼稚園のママとも)は余計なことを言っただろうか。

犯人の男の年齢を40歳とする。結婚は遅かった。子供が出来たのも遅かった。30代半ばで授かっただろうか。一人っ子の可能性もある。子供挫折は自分の挫折。妻の落胆は自分の落胆。

仕事は閑職。もしくは別の名前の付いた実質は雑用とか。あるいは部下が上司になるとか。是非はともかく、仕事が面白くて充実していて忙しければ、子供の失敗も成長のステップと前向きに評価できるだろう。



もし本当に家族が居るなら家族の将来はどうなるのか。既に犯人の手に掛かっているのだろうか。無理心中と大量殺害と。引き返せなくなった犯罪。

今日は犯人の大事な誰かの命日か、誕生日か、 。



スクールバスに乗り込んでの殺傷だって?。何か変だな。車内を映すドライブレコーダーは?。運転手の対応は?。爺さんのアルバイトではない。確か川崎市の正規の運転手。

スクールバスがターゲットになったら?スクールバスの安全性確保議論も起きるだろう。



犯人には目的の特定の女児がいたのかな?。きっと顔見知り。その子をメッタ刺しにして、それからバスを降りて、自殺だったか。

大勢いるのに目撃情報が整理されていない。情報が落ち着くのは今日の夕方。

犯人は30代にまで若返った。⇒39歳。この人は被害者。バス停付近にいて最初に刺された人かもしれない。

犯人は中年。スキンヘッドとか?。結構怪しい風体の人かな。話が変わってきそうだ。



犯人は結局死亡した。真相は闇の中?。



死亡した人:

  1. 女児1名=バス停かバス車内か?
  2. 39歳男性=バス停に居た人:児童の保護者らしい。この男がターゲット?分からない。
  3. 中年男性=加害者=自殺

ブログ アーカイブ

Rakuten

Popular Posts:Last 7 days

Popular Posts:Last 30 days

Popular Posts:Last 365 days