ページ

自動車メーカーと行政の無責任を放置する政治家の怠慢!


自動車事故の原因に人的要因が入ることは当然のように報道されている。

運転技術に於いてベストパフォーマンスを 常に発揮する前提で事故原因が議論されている。

馬鹿げたことだ。

運転技術が未熟な若年。

加齢によるハンディキャップが表面化した老人。

過労と傲慢などによる自己都合優先の飲酒運転、ながら運転、速度違反、信号無視などなど大勢の人。



しかし、

これらは異常なことではない。

全て普通の人間の特性だ。



人は常にベストパフォーマンスを発揮できない。それは常識。

その常識は、行政にもメーカーにも正しく理解されていない。

行政やメーカーもまた利益追求や自己都合優先の傲慢を続けている。



そろそろ、気づけよ!と思っている人も多いだろうが、旗振りのためには肝心な政治家が動かない。党利党略優先の駆け引きばかり。愚かしいと言わざるを得ない。



行きつく先は、それでも、明確だ。

安全な道路システムと安全な自動車システム。






ネットを眺めて驚いた。

安全への色々な取り組みがネット上に披露されているが、安全への視点い大きな穴が開いている。発想の欠落。怠慢以上(以下?)。自動車安全の視点が一面的。

ブログ アーカイブ

Rakuten

Popular Posts:Last 7 days

Popular Posts:Last 30 days

Popular Posts:Last 365 days